平成29年、理工学部創設50周年記念事業 RESONANCE 50th ANNIVERSARY PROJECT


理工学部創設50周年記念フォーラム

今後の50年に向けて、1. 理工学部の教育・研究、2. 理工学部の推進する研究、
3. 地域との連携、4. 野田キャンパスの将来について発信します。
日時 : 平成29年9月23日(土)13:30~17:00 (懇親会 17:30~19:00)
会場 : 野田キャンパス12号館 1211教室(懇親会:カナル会館)


理工学部創設50周年記念式典及びレセプション

理工学部卒業生の皆様、懐かしい野田キャンパスへ!
今後の50年に向けて変化する理工学部を見聞きしませんか。
多くのOG/OBのご参加をお待ちしています。
(野田キャンパスホームカミングデーと同時開催)
日時 : 平成29年10月29日(日)12:30~17:00(予定) 会場 : 野田キャンパス
記念式典(12:30~14:30)、レセプション(2部構成 : 14:30~17:00)
詳細は理工学部ウェブサイト等でお知らせいたします。
理工学部ウェブサイトの50周年記念事業お知らせの頁 http://www.st.tus.ac.jp/

 9月23日の記念フォーラムと10月29日の記念式典実施のための寄付をお願い致します。
募集期間 : 平成29年3月~平成30年3月末日
募金事業の詳細は、理工学部ウェブサイト等でご確認ください。
50周年記念事業の募金の頁 http://www.st.tus.ac.jp/

野田キャンパス再構築計画概要

理・工・薬・生命X共響=新・野田キャンパス!

理工学部は2017年に創設50周年を迎えました。コンセプトは「RESONANCE共に響き合う理工学部へ」。今後の社会をリードする人材を育成するため、「イノベーションを促進する分野横断的な学部」へ進化します。その一環として2017年から「新7号館(仮称NODA教育研究センター棟)」や「新実験棟」の新築をはじめとする野田キャンパスの再構築を計画しています。「新7号館」は「創造、イノベーション、融合」をテーマに教育・研究を行う場であり、「学生と教員の集う場」や、「大学と企業の共同研究の場」となる予定です。

キャンパス維持拡充支援

2016年度~2020年度までは、東京理科大学維持拡充資金(第二期)「キャンパス維持拡充支援」を重点的に野田キャンパス維持拡充に充てる事になっています。趣旨にご賛同いただけます場合には、寄付申込書の募集目的の中から「キャンパス維持拡充支援」をお選びください。

関連記事

編集部からのお知らせ

  1. 2017/5/19

    サイト開設に当たってのご挨拶
過去の記事
ページ上部へ戻る