平成30年度 理窓会代議員総会報告

増渕忠行理窓会会長

理窓会代議員総会が6 月24日(日)13時より15時まで、午前中の支部長会に続いて神楽坂校舎1号館17階記念講堂で開催された。(代議員総数210名、委任状を含む出席者194名)

冒頭増渕忠行新会長からの挨拶に続いて新副会長、常務委員、監査委員がそれぞれ自己紹介された。来賓挨拶では東京理科大学本山和夫理事長から東京理科大学の長期ビジョン「TUS Vision 150」について熱のこもった、力強い説明があった。(その要旨は『「世界の理科大」実現に向けて』をご覧ください)

新役員の紹介

会長の所信表明の中で予算面での課題解決の一助として「ホームカミングデーや会報発行費用の削減」などに触れられた。また、支部長会で協議したが「個人情報管理」を強化することなどが述べられた。

平成29年度の事業報告・決算報告、平成30年度の事業計画・予算については原案通り承認された。報告事項としてHCD2018、坊っちゃん科学賞論文コンテスト、維持拡充資金について説明があり、終了した。

関連記事

編集部からのお知らせ

  1. 2017/5/19

    サイト開設に当たってのご挨拶
過去の記事
ページ上部へ戻る