忙しくも楽しかった小学校教員1年目

教員を始めてから1年が経ちました。私は現在、八王子市立館小中学校の小学部で働いています。大学時代、小学校の免許の取得と、学部の勉強を並行するのは大変でしたが、先生方の熱い御指導や、共に励ましながら頑張った仲間たちのおかげで、念願の小学校の教員になることができました。

1年目は2年生の担任でした。最初は自分の力不足を切に感じ、担任が私でなければこの子たちはもっと幸せになれる、申し訳ない、と他の先生と自分を比較して思い悩むこともありました。そんな時同僚の先生から「つまらない授業をしていたら子供たちはついてこないよ。教師は授業で勝負。」と言われました。悔しい気持ちもありましたが、その言葉をきっかけに私の見方が変わってきました。毎日の授業準備はもちろん、休みの日も様々な勉強会に行き、ひたすら授業力を磨きました。こうして勉強していくうちに、少しずつですが子供たちが生き生きと授業に参加するようになり、自然と良い関係も築けてきました。今も大変なことはありますが、「かなせんせ-!」と元気に飛びついてくる子供たちに囲まれ、間近でその子たちの成長を見ることができ、幸せを感じています。これからも目の前にいる子供たちの現在の、そして将来の「幸福」のため、ますますパワーアップしていきます。

関連記事

編集部からのお知らせ

  1. 2017/5/19

    サイト開設に当たってのご挨拶
過去の記事
ページ上部へ戻る