忙しさの中に充実感を感じる日々

今年度から新採用として、神奈川県立川和高等学校に勤務しています。川和高校は「高い次元の文武両道」を掲げ、生徒達は勉強も部活動も行事も全力で取り組みます。それをサポートするために、教員も一丸となって、授業研究や部活動での環境を整えたりしています。
授業では、生徒の学習意欲が高いので、万全の準備をして臨むようにしています。毎回の授業で、どんな力を付けさせたいか、何ができるようになって欲しいかを考えるとともに、なるべく生徒が頭を使えるような授業展開を考えています。授業準備はとても時間が掛かり、大変ですが、授業中の生徒の問題を解けた時の嬉しそうな姿や、説明を聞いて、「あ、そうか!」という声を聞くことで、しっかり準備して良かったなと思えており、楽しく授業させてもらっています。
授業と同様に部活動も楽しく参加させてもらっています。私はソフトテニス部と囲碁将棋部の顧問になっています。ソフトテニスは中学校時代の3年間のみの経験で、およそ9年ぶりにプレイするので、ほとんど打てない状況ではありますが、生徒の皆が「先生も打って下さいよ!」と言ってくれるので、心置き無く参加させてもらっており、生徒に負けないように練習に励んでいます。囲碁将棋も全くの初心者ですが、少しずつ覚える努力をしています。部活動において、生徒と一緒に練習したり、話したりすることが、仕事をする上での私の楽しみでもあります。
毎日を考えてみると、色々な仕事があり、忙しさを感じる一方で、仕事をした充実感は倍以上です。全てに全力で取り組むことが、周囲の方からの信頼を得られることを信じて、これからも頑張っていきたい。

関連記事

編集部からのお知らせ

  1. 2017/5/19

    サイト開設に当たってのご挨拶
過去の記事
ページ上部へ戻る