本学の教員2名がClarivate Analytics (旧トムソン・ロイター IP&Science)の Highly Cited Researchersに選出

11月27日(火)に、クラリベイト・アナリティクスが高被引用論文著者2018年版で、影響力のある科学研究者およびその機関を発表し、本学から、理学部第一部応用化学科 工藤 昭彦教授と研究推進機構 生命医科学研究所 岩倉 洋一郎教授の2名が選出されました。

HCRは、各研究分野において高被引用論文(トップ1%論文)を一定数以上発表している研究者をリストアップして称えるもので、研究コミュニティに高いインパクトを与える研究者を抽出し、記録することを目標に発表しています。

工藤教授は、資源・エネルギー・環境問題の解決に向けた光触媒を用いた人工光合成の研究を行なっており、工藤教授の論文は、「化学・物質科学」などの複数の研究分野において、数多く引用されています。今年から新たに追加されたカテゴリーである「クロスフィールド」は、複数分野で大きな影響力をもつ研究者を選出するためのものです。工藤教授は、そのカテゴリーにおいて選出されました。

岩倉教授は、主に発生工学的手法による疾患モデルマウスの作製・解析を介して疾患発症機構を解明し、治療法開発につなげることを目指しており、岩倉教授の論文は「免疫学分野」において様々な疾患の研究論文に引用されています。岩倉教授は、5年連続の選出になります。

関連記事

編集部からのお知らせ

  1. 2017/5/19

    サイト開設に当たってのご挨拶
過去の記事
ページ上部へ戻る