物理学校時代の卒業生が当時の様子を語り感激

支部長 : 上杉 肇(理数・数1980)
日 時 : 平成30年8月18日(土)
会 場 : 高陽荘

今年度は支部総会後に講演会を企画した。演題は「『見る』ことと『聞く』こと」で、講師は東京理科大学教授の石黒孝氏でした。見る角度や視点を変えたり、コントラストをつけることで微細な世界の三次元構造がわかること等の興味深い話を伺うことができた。その後の懇親会は、近況報告や思い出話に花が咲く楽しい会となった。特に、物理学校時代の卒業生という95歳の大先輩が出席され、当時の貴重な話をお聞きして感激した。来年度の支部総会は9月に新潟市で開催する予定です。

関連記事

編集部からのお知らせ

  1. 2017/5/19

    サイト開設に当たってのご挨拶
過去の記事
ページ上部へ戻る