本学学生が第13回朝日アマチュア囲碁名人戦全国大会で優勝

2018年6月30、7月1日に日本棋院 東京本院(東京都千代田区)で行われた第13回朝日アマチュア囲碁名人戦全国大会において、本学工学部工業化学科1年(Ⅰ部文化会囲碁部)の栗田佳樹さんが優勝しました。栗田選手は1回戦シードで2回戦から登場。決勝は同じく招待出場の早稲田大4年、星合真吾選手(23)との大学生対決。持久戦模様となったが、終始手厚く打ち進めた栗田選手が徐々に差を広げ、黒番6目半勝ちしました。さらに、今月28、29の両日に静岡県伊豆市で行われた第13期朝日アマチュア囲碁名人戦三番勝負で、第12期アマ名人の専修大4年、大関稔さん(23)との三番勝負に臨んだ結果、2勝1敗でアマ名人のタイトルを奪取しました。(朝日新聞記事より)

関連記事

編集部からのお知らせ

  1. 2017/5/19

    サイト開設に当たってのご挨拶
過去の記事
ページ上部へ戻る