わかった! ・楽 しい! 授業をめざして奮闘中

教員として働きはじめて、今年で2年目になり、今年は見通しと余裕をもって職務にあたれるだろうと思っていたものの、初めての担任業務や、専門外の化学の授業準備など、新たな壁を前に慌ただしい日々を過ごしています。
いくつかある業務の中でも、私は『日々の授業をきちんと準備する』ことを一番大切にしています。熱心に取り組む生徒、やる気の起きない生徒、物理が好きな生徒、理科数学はおろか算数もできない生徒……などなど、生徒の実態は様々ですが、彼らにどうアプローチしていけば興味を持てるのか、もっと学びたいと思えるのか。それを考えながら教材研究をし、時には外部の勉強会に出向いたりします。大変ですが、生徒の「わかった!」「楽しい!」を感じた時の喜びは何にも代えられません。
担任としての仕事はまだまだ手探り状態です。クラスの生徒達は、率先して手伝いをしてくれたり、「先生のクラスでよかった」と言ってくれたり、恋愛相談をしにきたりと、とても人懐っこいです。未熟ですが、生徒達のために成長したいという思いで奮闘しています。
反省の日々ですが、他の先生方にご指導いただきながら頑張ることが出来ています。若手の先生も多いので、互いに切磋琢磨し、時には励まし合う雰囲気の中で仕事ができており、よい職場に恵まれたなと感じています。また、夢であった教職に就き、充実した毎日を送ることが出来ているのは、周囲の支えがあったからこそだと思います。こうした出会いに感謝をしながら、これからも頑張っていきます。

関連記事

編集部からのお知らせ

  1. 2017/5/19

    サイト開設に当たってのご挨拶
過去の記事
ページ上部へ戻る