AI(人工知能)技術で革新的に変わる酪農経営~大和田研究室~

ビッグデータからの規則性発見、知識抽出を行い、その結果を戦略的に活用していく方法論を研究しています。具体的には、生命・医療系のデータマイニング、クラウド型Webアプリのログからの消費者行動モデル生成など、特定分野の専門家や企業と連携して迅速かつ合理的に分析結果を引き出すアナリティクス工学を経営工学的視点から実践していきます。グローバル情報化の時代にマッチした学生を輩出すべく研究を指導します。


[卒業生コメント]
 植松 幸生(理工・経営2003) NTTコミュニケーションズ株式会社 技術開発部

大和田研究室ではAIを活用して問題解決を行うとともに、積極的に国際会議等への発表を行っています。私も修士1年生から国際会議での発表を経験させて頂き、世界へ発信する大切さを教わりました。入社後は検索エンジンの研究開発や、データサイエンスプロジェクトの立ち上げに携わり、大きな成果に繋げることが出来ました。
また、米国のスタンフォード大学への社費留学をさせて頂く機会に恵まれたのは学生時代に世界への情報発信の大切さを教わったからと感じています。今後も世界へ誇れる成果を輩出し続けることに期待します。

関連記事

編集部からのお知らせ

  1. 2017/5/19

    サイト開設に当たってのご挨拶
過去の記事
ページ上部へ戻る