OB・OGと現役卓球部員が一緒に5年毎にパーティー開催、新春卓球大会を毎年開催 ~理窓卓球会

理窓卓球会は、東京理科大学一部卓球部のOB・OG会で、現在約650名の会員がいます。主な活動としては、一つは、5年毎の卓球部創部記念パーティーの開催です。パーティーは、毎回、現役卓球部員も含め約200名が参加し、盛大なものとなっています。直近では2017年10月に創部70周年記念パーティーを開催しました。80歳前後の大先輩から卒業間もない者まで、全国各地から参加しています。青春時代の貴重な一時期を共に過ごした仲間が集い、年代が違っても、卓球・卓球部という共通の話題で交流して話が弾み、とても賑やかで楽しい会となっています。また、毎年2月に、新春卓球大会を開催しています。これは、OB・OGと現役部員が男女一緒になって参加し、優勝を競う大会です。当日午前中は、OB・OGと現役部員がパートナーとなるようにくじで相手を決めたダブルス戦で、おじいさんと孫が組んだようなダブルスペアも見られます。こうしたところも卓球の良いところといえます。午後はシングルス戦です。現役部員は現役としての意地もあり優勝を狙うのですが、老練な社会人の卓球が勝ることもあり、毎回白熱した戦いが繰り広げられます。大会後の恒例となっているのが、神楽坂の鮒忠での懇親会です。最後は、「理科大ファイト!」のエールを行い、皆で肩を組んで歌う応援歌、校歌で締めとなります。

その他、理窓卓球会は、毎年、理科大卓球部の卓球用具購入の補助や、専門コーチ招聘など強化のための支援を行っています。現在、理科大卓球部は関東学生リーグで男女ともに3部であり、これは理科大としては過去にあまり例がない高いレベルです。理窓卓球会は引き続き現役卓球部を応援していきます。

関連記事

編集部からのお知らせ

  1. 2017/5/19

    サイト開設に当たってのご挨拶
過去の記事
ページ上部へ戻る